月別アーカイブ: 2017年5月

嫌いな人は自分に似てる!?

職場でどうしても気が合わないと感じる人がいます。無視したりすることはしませんが、必要以上に会話はしません。その人が嫌だと感じる理由はいくつかあります。

・自分から挨拶をしない
・休憩に入る際も声掛けをしない
・私は何でも知っているということを暗にいう
・私はどんな人とも親しいという(実際、相手はそのように思ってはいない)
・仕事を選ぶ
・こちらが指示した通りに動かない
・年下や立場がしたの人間に偉そう
・お金がないばかりいう
・いつもニコニコしている(不自然)

今ぱっと思いつくだけでも、こんなにもあります(笑)特に私が気に入らないのが、挨拶をしないという点。私から挨拶をしなければ、向こうからしてくることはありません。でも、挨拶って、社会人として基本マナーだと思うのです。

また、仕事を選ぶというところや、指示通りに動いてくれないところも気に入りません。もう2年もこの職場で働いているのに知らないことが多すぎるし、わからないことは「教えてください」ではなく「知らないのでやりません」とはっきり言います。

でも、どこかで、嫌いな人って自分と似てるから嫌いなんだっていうようなことを読みました。似てるなんて思いたくないけれど、似てるのでしょうか。。。

徒然日記

今日も雨。昨日から続く雨のせいじゃないけど休みなのにずっとお家で一人。そんな私を見かねてかベランダから虫がかさかさと私の家に。退治しようとするも逃してしまい、まだお家のどこかに隠れてる。はぁ、二人暮らしになっちゃた。多分そのうち卵を産んでわぁーっと増えるんだろう。そんなこと考えると食欲がわかない。
私はサッカーを見るのが好きだけど今週は暇だ。代表が試合をするときは、クラブチームの試合はお休みになるからだ。
なんで私はサッカーを好きになったのかなぁとたまに考えるけど、ちょっとしょうもない理由だ。サッカー部の友達が多くて話題に着いていきたかったからってだけ。
それと芝生の模様が綺麗だな~ってところ。あの縦縞模様はぐっとくる。メジャーリーグの球場も芝生がきれい。競馬もきれい。ラグビーだってサッカーとほとんど同じピッチをつかう。なのになんでサッカーだけ特別に好きなのかな。
まぁよくわかんないけど、サッカーは世界共通だから飲み屋であった外国人ともサッカーの話題で盛り上がれる。これはいいことだな。
ラグビーは選手どうしがバチンバチン当たるので怖い。あと幼馴染がラグビーを始めた途端、人が変わったようにいかつくなったのも怖い。
その友達は何かに目覚め海外に旅に出るそうだ。いいな~私なんかパスポートすらもってないよ。でもそいつの話を聞いて外国に住んでみたくなった。
サッカーも深夜に眠い目をこすって見なくていいし、好きなミュージシャンのライブもたくさんある。異文化に触れたことない私からするとどうしても夢見てしまうな。
いつか私もどこか外国に住んでみよう。

大変、お金がない!(笑)

来月の予算をたてていて気付いたことが1つ。大変です、来月のお金がありません(笑)削れるところを削っても、どうしても2万円ほど足りません。友人や知人にお金を借りるわけにはいかないし、両親も無理。稼ぐしかないものの、私の仕事は翌々月に収入が入る仕組みになっていて、今から頑張ったとしても来月には間に合わないのです。追い込まれた私はいろいろとネットで検索してみました。1番手っ取り早いのはネットオークションのよう。でも、今までネットオークションなんてやったことがないし、それにオークションに出せるようなものもありません。

あー、みんなこういう時ってどうしているのかな?というか、こんな事態になるのって我が家だけ?(笑)

とにかく今月、100円でも多くお金を残すことができるように頑張って、来月までに収入を得られるお仕事に取り組んで、節約レシピも調べたりしておきます。とほほ、ここまでお金がない事態になるなんて。でもこれも自業自得。

実は、スイーツデコのレッスンを受けるんです。1年間で8万円のレッスン料、一括払い。仕方がないです。レッスンのため、どうにか乗り切ります。なんかテレビ番組の「1万円生活」を思い出してしまいます。あんな風に楽しく過ごしていこう!

意識のない上層部に毎日イライラするけど、患者さんからのありがとう。で頑張れます

今日も外来が朝から混雑。

待ち時間も高齢の患者さんには苦痛だろうな・・・
平気で二時間も待つ、うちの病院。

最近は、本当に患者さんが増えてきたのにも関わらず現場のことは
誰も見に来ない、誰も気づかない、知らない。
本当に頭にくる。

待ち時間について、患者さんからのクレームに対応するのは受付の私たち。
病院としての改善策は・・・?反応なし。
そしてマンパワー不足により、私たちもストレスも疲れも限界です。

このままでいいのか?

そして上司。
のこのこやってきて「これを調べてくれ」

「はぁ?」
あなたは目の前で何十人も待っている患者さんの顔が見えていないのかい?
私は、今外来対応で必死なんですけど・・・

これだから困ります。
自分中心って、本当に困りますよね。

それを振り返り、自分は大丈夫か。
自分の部署の子に、上司のように自己中心的になっていないか。
SOSの発信に気が付いていれてるか。
「わからないことがあればすぐに声をかけてね」
繰り返し、繰り返し伝えるこの言葉。

困ったときに聞けない、わかってもらえない、伝わらない。って本当につらいですよね。
そんなサービス業を営んでいて、患者のクレームに改善の意識がない、患者優先できない、現場のことを知らない。
こんな職場にストレス溜まりまくりです。

それでも、患者さんからの「ありがとう」があるおかげで、今日も頑張れます。

縁結びの神様って、本当にいるのかも!?

結婚したいと考えている妹が、縁結びの神様で有名な神社をいくつか巡りたいと言われ、この間行ってきました。京都の端から端を移動して、全部で10個くらいの神社を1日かけて回りました。名の知れた大きな神社もあれば、これって神社なの?っていうほど小さな神社もありました。神社を回っている時は、ハードなスケジュールだったのもあって、ゲームをクリアしていくかのような感覚でした。

数日たって、妹から「告白された」と連絡があったときは驚きました。縁結びの神社の効果だってすぐに思いました。今までこういった目に見えない、気休めともいえる効果はあまり信じていませんでしたが、あまりにもタイミングがばっちりでした。

そして、ご利益は私にもありました。今まで知り合い程度だった人からランチに誘っていただき、ラインを交換するまでになったのです。妹の連絡をもらった時は半信半疑だった私も、自分の身にもいいことが起こると、これはもう信じるしかないという感じでした。

縁結びの神社で買ったお守りは、小銭入れにつけて肌身離さずもっています。これからもまたいいご利益があればいいなという願いを込めて。神様、お願い!

やりたいこと、見つけた!

最近、クロスステッチにハマっています。習い事である洋裁教室のレッスンで軽く刺しゅうを習ったことがきっかけで、クロスステッチを初めて知りました。クロスステッチは、ただ布に規則的に糸で縫い付けていくとっても単純で単調な作業の繰り返しです。でも、この作業をしていると、無心になれるというか、気持ちがすごく穏やかになることができることに気づきました。本当に時間がすぐに過ぎてしまうように感じで、時計をみてびっくりしてしまうことばかりです。

今までは5センチ×5センチ程度のクロスステッチをしていましたが、これからはもっと大きい50センチ×50センチのものに挑戦していきたいと思っています。かなりの時間や手間がかかることはわかっていて、そんな空き時間がないこともわかってはいるものの、ハマりすぎて挑戦したくて仕方がないんです!

とりあえず刺しゅう糸をアマゾンで購入。出来上がった時は感動するんだろうなあと今からドキドキしてしまっています。facebookでも告知(笑)して、ちょっと自分を追い込んでみたりもしています。1年かけても2年かけても、最後まで仕上げることができるように頑張ります!

急にお掃除が楽しくなってきた♪

お掃除をすると仕事が舞い込んでくる、お金が手に入るようになるなど、なんか胡散臭いことをよく耳にします。こういったことを信じているわけではないのですが、なんだか最近、掃除に目覚めてしまい、仕事の合間に以前よりも掃除をすることが増えました。カーテン洗ったりなんて、今までは年末の大掃除の時くらいしかしませんでした。

整理整頓上手とはいえない私は、掃除はもちろん片付けも適当で、むしろ「少しくらい散らかっている方が清潔感があっていい」「少しのホコリじゃ死なない」がモットーなくらいでした。ところが、掃除って1度始めてみると結構楽しいものなんです。掃除本が大量に売れている理由が少しわかったような気がしました。ホコリのない部屋って、なんだかスッキリしますよね!

運気を上げるには、玄関、リビング、キッチンの3箇所を重点的にお掃除するのがいいらしいです。そこで、私は、毎日たった3分でもいいから、この3か所の掃除を必ずすることを目標にしています。少しずつ、コツコツと。運気が上がったら貯金もできるようになるかな、子どもにも恵まれるかななど、ちょっと期待しながら掃除してます。いいのかどうかわかりませんが。少しでも何かいいことが起こりますように。

30代子なしの孤独・・・

つい先日まで、旦那と離婚話をしていました。いや、離婚話というと冷静に対等な立場で離婚に向けて前向きな話をしているようにとれますが、実際は違います。明らかに旦那の方が立場が上で、私はほぼ一方的に離婚を告げられている、そんな感じです。知り合って16年。結婚して8年。倦怠期なんてものじゃなく、少しうっとうしいと感じることも日常茶飯事で、大好きな人ではなくなっていたものの、離婚となるとこっちもいろいろと考えてしまい、なかなか同意することができません。

まず考えたのは、今後の自分の生活のことでした。子どもがいないので、生活費や養育費を請求することができません。旦那の仕事に合わせるかたちで、今、フルでお仕事しているわけでもないです。こんな状況でポイと世間に放り投げられても、もう30半ばの私はどうやってこの先、生きていったらいいのかと思いました。子供がいれば、子どもを支えに頑張れるかもしれません。でも、私は・・・。旦那はまた素敵な人を見つければいいと言っていましたが、そんな簡単なものではありません。

結局、何がきっかけになったのか、旦那から謝ってくれるかたちとなり、今回は離婚はせずに済みました。でも、いつまた離婚の話がでてくるかわかりません。今後、ひとりでも生きていけるように何か考えていかなくてはと思いました。