お手伝い

朝起きてから、ビデオでしまじろうやおさるのジョージを見ていた息子ですが、いざ、私が外に洗濯物を干しに出ようとすると、「お手伝いする」と言って、玄関から自分でサンダルをはいて、外に出てきました。

お手伝いと言っても、洗濯物に選択ばさみをつけいくという、はっきり言って、無駄な作業。こっちとしては、後で片付けないといけないから、邪魔なんだけど、息子はお手伝いした気になっているので、そのままやらしてあげていました。

洗濯物干して、「保育所行くよ。」と言ったら、「行かない。」と言いました。

じいちゃんが出てきて、車のキーを息子に渡すと、ようやく行く気になって、いつものように、キーで車のロックの解除とドアを開けました。