田舎で暮らす夢とロマン?

最近、地方創生とか、田舎への移住とかいう話をよく聞くようになりました。

私は田舎に住んでいます。
誰がどう見ても、まごうことなき田舎です。

最寄りのスーパーまでは車で片道20分。
夜になると毎日庭にシカがやってきて花を食べ尽くします。
隣の空き家の軒下には、スズメバチが大きな巣を作っています。

山が近い地域だと、湿気がすごいので年中カビとの戦いです。
夏の間は巨大なムカデが頻繁に登場します。
秋になると無数のカメムシがあらゆる場所に入り込みます。

主人は消防団に所属していて、毎月2回は仕事から戻ったあと夜の巡回に出て行きます。
年に何回か地区の行事がありますが、
地方都市はお年寄りが多く手が少ないので、力仕事はぜんぶ50代以下の若者(50代でも若者なんです)ばかりがやります。

行事ごとに休みが潰れます。
参加しなければ、陰口を言われたり嫌がらせを受けます。
嫌だと心で思うだけだとしても、雰囲気を感じ取られたら一緒、アウトです。

不満を押し殺してニコニコ過ごしていたら、
気に入ってくれたお年寄りがしょっちゅう家に遊びに来ます。
その度に家事も仕事も止まってしまいます。

もし、これらを難なくこなせるならば!
ぜひ田舎へ移住してきてください♪

旬の野菜がたくさんもらえます!
漬物や猪肉、鹿肉もたまに。

緑豊かな景色はきれい、空気はおいしい。

水道代は安いし水がおいしい!

バーベキューぐらいやり放題な庭があるのは普通です。
家庭菜園もガーデニングもできちゃいます!

車の通りは少なくてすごく静か。
街灯も少ないし、圧巻の星空がしょっちゅう見られます。

夏はきれいな川で泳ぎましょう!

冬は、薪ストーブなら燃料費がいりません!
ストーブの上でおでん作り放題、中で焼き芋焼き放題!

さあ、田舎への移住、したくなりましたか??