「へびたん

昔は、河原にまむし注意なんて看板があったのに、なくなってしまったという話を、どこかで書いたような記憶があるのですが、ともかく、今も、夏場はへびたんが上がってくるようです。
へびたん(はあと
というくらい、へびたんは可愛いと思うおじさんなのですが、一回へびたんをもってみたり、首に巻いてみたりたいですね。
毒があると困りますが、それも牙を抜いておけばよいでしょう。
へびたんをダメな人は本当にダメらしいのですが、自分で言うと、まるで過去はインド人に生まれていたのではないかというくらい、へびたんが可愛くて仕方がないと思う方です。
とはいっても、アナゴンダとか、見たらびっくりするでしょうね。
多分へびたん以外は、動物や昆虫は、本当にダメだとしか思えませんからね。

あのつぶらな目や、ちろちろとした舌や、独特の柄をした体の模様だとか、とにかく可愛いへびたんなのですが、昔、とにかく、ゴキブリだけは本当にダメでした。
ゴキブリが出ただけで、顔が蒼白になるくらいですかね。
今もげじげじと言われる小型のなんていうんでしょ、ああいうのが出てくると、先に潰す方を最優先します。
やはりゴキジェットでしょうね。
あれはなんにでもききますから。