糖尿の話

インシュリンを打つとよく思う事があります。
打って、5分くらい、かーっとなるのです。怒りが頂点に、というような頭にくる感じで、それが収まると、今度は体がぴくぴくと痙攣してくるのですね。
おじさん大丈夫でしょうかね汗
ともあれ、おじさんにとって、一大事の話でして、結構外でぴくぴくしていたくはないという風に我慢していて、大丈夫ですかと声もかけられたりします。
それでも、困ってしまい、気にされないでください、という風に話すのも、抵抗があるのですが、まあそういう感じです。

インシュリンというのも、あれは、無理やりに糖尿を抑えているのだろうなと自分は思っています。
そうでないと、理屈に合わないと自分では思っています。
体の外から、栄養素を入れるわけですから、体の反動も当然あるでしょうね。

所で、知り合いのKさんがこの前、散歩しているのを見たのですが、お腹が出ていて、ああなるほど、確かに糖尿なんだなと思いました。
あの人、いつ見てもサザエさんのキャラでのりすけさんに似ているなと思うのですが、奥さんもタイコさんに似ているんですよね。
いくらちゃんはいないのでしょうかね。
子供が「はーい」なんて言ったら面白いのに、なんて失礼ですね。