他人は他人、自分は自分

今日は、脳に良いオーラが出ているのか、なんていうんでしたっけ、リラックス波が出ているのか、それ程つらくもなく、日々を過ごしております。
苦痛もなく、まあ苦痛があっても、僕の場合、すぐに忘れてしまうのですが、それでも、悔やむ事もなく、生きています。

人に迷惑や不幸をかけてまで、それで自分の主張をする人、そういう人は確かに世の中には沢山います。
そういう人たちであっても、最期は幸せであってほしいと思わざるを得ません。
「お前はここにいるだけで迷惑だ」「いてはならない人だ」などと何度も言われましたが、関係はないなと自分では思っています。
それは他人がいう事であり、どこまでも生きるものも、何もかも違うという事なのですから。

自分には自分として、生きる道がある、とそう思っています。
他人が、僕の人生を決めるわけではありません。
自分で考えて、自分で決めて、お世話になった人に対して、感謝をするというのが、当然ではないでしょうか。
それがなくて、何があるのだと思いますけれどね。

今日は、母の残してあったコーヒーをいただきました。
明日買ってこようと思っています。
コーヒーはやはり、それなりにほっとします。果糖もないと困ってしまいます。